HISTORY

読売デジタルサービスでよく知られるヨリモは、読売新聞の無料会員制サイトとして何と2006年以来、長年にわたり非常に多くの方々に利用されてきました。またかつては、「暮らしに役立つプレミアムなサービス」といった言葉をキーワードにして、人気アイドルによる公演の先行チケットの販売を手掛けたり、書き下ろし小説の連載、さらには著名人によるブログなどを掲載したりしていました。これらの他にも、健康相談やマネー情報といった大変貴重な情報も載せていたため、実に多くの利用者を抱えていたものでした。特に人気公演の優先的な販売は、まさにサイトの目玉商品ともなり、非常に大きな人気を集めていたものです。

そんな人気の会員制サイトの昔について振り返ると、今の状況についても色々な疑問が湧きあがってくることでしょう。何と言っても多くの人にとって一番気になるのは、なぜこれほど人気の高かったヨリモがなくなったのだろうかという点かもしれません。

THE END

実際、2006年6月1日にスタートして以来何と6年半もの間、非常に多くの支持者を誇ってきたこのサイトが、2014年3月31日をもってそのサービスを終了したことはよく知られています。それに伴って、同じ年の1月31日をもって記事の更新を終了しました。読売新聞の購読者の中には、このサービスを長年楽しく利用してきたため、サービスの終了を非常に残念な思いで迎えた人もいると思われます。しかし、このサービスの終了は、利用者にとって決して残念な結果になったというわけではないのです。実は、無料会員サイトであるヨリモがなくなった主な理由は、新たなデジタルサービスの展開を図るために必要とされるサイト見直しのためと言うことができます。つまり、利用者は今までよりももっと良いサービスが受けられるようになるというわけです。

最近はデジタル化が進んでいますね。最近CMを見ていて思ったのが、カードローンも来店不要でアプリで申し込みや借り入れができる「アプリローン」というものが始まったみたいです。ちょっとお金が足りない時に生活費の足しに出来るカードローンはとても便利です。それがスマホで簡単に申し込めるようになったのも嬉しいですね

EXPLAINED

ここでもう少し、ヨリモ会員が受けることのできたサービスについて説明しておきましょう。一言で会員と言っても、単に一つの制度があるだけではなく、幾つかのグループが存在していました。例えば、2年以上継続して読売新聞を購読している長期読者会員と、購読が2年未満という読者会員、さらには未購読の一般会員という3つのグループに分類されていたのです。それぞれの会員グループによって利用できるサービスにも幾らか違いがあり、長期読者会員の場合は全てのサービスが利用できるのに対して、読者会員と一般会員の場合は一部のサービスについては利用が制限されるというものでした。言い換えれば、読売新聞の購読者を優遇するといったコンセプトだったわけです。